• 事務所の特徴
  • 建物登記のスタッフ
  • 事務所概要
  • アクセスマップ
  • トップページへ戻る

建物登記について

ご存じですか? 司法書士だけでは建物登記は出来ないことを・・・・。
 

はじめてする建物登記の権利書作成については「司法書士」と「土地家屋調査士」の両方の専門資格が必要です!
 

司法書士と土地家屋調査士

建物登記を依頼して権利書を作成する場合、①「表示に関する登記→建物表題登記」と②「権利に関する登記→所有権保存登記」の2段階の登記が必要になります。

 

「建物表題登記は土地家屋調査士」が、「所有権保存登記は司法書士」が代理申請します。

その他の関連する登記で「建物滅失登記は土地家屋調査士」、「土地住所変更登記は司法書士」、「土地地目変更登記は土地家屋調査士」といった形で、各種の登記で2つの専門家が担当する2元的構造になっているのです。

 

上記のように登記と一口に言っても、「権利に関する登記は司法書士」が、「表示に関する登記は土地家屋調査士」が資格者となるもので一般の方には分かりにくい構造になっているのです。

 

2名の専門家が関与する関係で、その分の請求書も2通になります。よって建物登記費用の見積りといっても、正確な見積りを計算するためには専門家2名の関与が必要になるのです。

当事務所では、土地家屋調査士と司法書士の両方の資格がありますので、すべての登記申請業務を一括して見積りし、受託する、いわゆる※ワンストップサービスの対応をしています。

 

※ワンストップサービスとは、一度の手続きで必要とされる様々な関連サービスを1つの事業者にて提供するサービスのことです。

 

司法書士・土地家屋調査士のワンストップサービス

通常、司法書士と土地家屋調査士の2名が必要なところ、1名で兼ねているのですから、交通費等の経済的な部分はもちろん、事務手続きの速さ、登記全般における対応力があります。

当事務所でのこの特性を活かした無料見積り・無料相談をぜひご利用ください。

 

お見積り・ご相談は

 

建物登記について

  • 建物登記とは
  • 新築時の建物登記の流れ
  • 建物登記手続のスケジュール
  • 建物登記の必要書類
  • 未登記の建物登記について
  • 建物登記Q&A
  • お見積りはこちらから
  • その他お問い合わせ

建物登記は私達にお任せ下さい

司法書士・土地家屋調査士関根事務所のスタッフ
司法書士・土地家屋調査士関根事務所のスタッフブログ

司法書士・土地家屋調査士関根事務所へのお見積りご相談

取扱業務対応地域

茨城県内全域

水戸市・日立市・土浦市・古河市・石岡市・結城市・龍ケ崎市・下妻市・常総市・常陸太田市・高萩市・北茨城市・笠間市・取手市・牛久市・つくば市・ひたちなか市・鹿嶋市・潮来市・守谷市・常陸大宮市・那珂市・筑西市・坂東市・稲敷市・かすみがうら市・桜川市・神栖市・行方市・鉾田市・つくばみらい市・小美玉市・茨城町・大洗町・城里町・東海村・大子町・美浦村・阿見町・河内町・八千代町・五霞町・境町・利根町

水戸市ひたちなか市の相続登記のご依頼は司法書士・土地家屋調査士関根事務所へ

古きを訪ねて(フォトギャラリー)

大洗町・水戸市ひたちなか市周辺の地元史
建物登記・相続登記史